アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹を主な病変として、良くなったり悪くなったりを慢性的に繰り返す皮膚の病気です。もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られ、昔は思春期になると自然に治るとされていました。

しかし、今は大人になっても治らない人が多く、大人になってから発症する人も多くなってきています。

アトピーの原因は親からの遺伝による先天性なものと、生活環境や生活習慣からなる後天的な2つがあります。しかし、原因は未だはっきりと解明されておらず、完治するのが難しい病気です。

最近は原因の解明が進んできており、考えられる要因を取り除くことでアトピーが再発する悪循環を取り除くことができるようになってきました。アトピーは体に溜まった老廃物を外に出す働きであるとされています。汗や尿、便で出せない時に肌から排泄しようとするその状態がアトピーであるともいえるのです。

atopic-cause

 

皮膚のバリア機能とは

hifu_kouzou

皮膚には、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質にバリア機能が備わっています。これは外からの刺激や異物の侵入、皮膚の乾燥を防ぐ役割を持っています。

通常の人はこの皮膚のバリア機能が働いていますが、アトピー性皮膚炎の人は、このバリア機能が弱いという特徴があります。そのため外からの刺激や異物などを受けやすい状態になっています。

この皮膚のバリア機能は表面の皮脂膜にもあるため、皮膚が強くこすれるようなことや、日焼けによる紫外線、石鹸による表面の皮脂膜のとりすぎ、汗による刺激、化粧品による刺激などによっても低下します。

 

アトピーの症状

  • 赤みがある
  • じゅくじゅくして黄色い液体が出てくる
  • ささくれだって皮がむける
  • 全身にじくじくした腫れや湿疹が広がる
  • 黄色いかさぶたのような湿疹ができる
  • 炎症を繰り返し、色素沈着が起きる
  • 顔や炎症を起こした場所の赤みが取れなくなる

 

アトピーは一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断されます。完治するのが難しい病気をいわれていますが、今は生活習慣を見直したり、原因を取り除いたり、ケア用品を使ったりすることで症状を改善し、完治することも可能となってきました。

まずは自分のアトピーの症状と向き合って再発する悪循環を取り除きながらケア用品などで上手く悪化させないようにしておくことが大切です。考えられる原因を探し、ひとつひとつ解決すればアトピーが出ない体にすることができます。