アトピー性皮膚炎が遺伝するというのは両親や祖父母などの血縁者にアレルギー保有者がいると、その子どもや孫にアトピー性皮膚炎が引き継がれやすいという説です。

indenshi

アトピー性皮膚炎は遺伝する

結論から言うと、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質は遺伝します。

 

岐阜大学医学部小児科の先生の調査データによると、

アレルギー症状がある子の親の約7割が

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質を持っていることばわかっています。

 

このことから、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質は

遺伝による影響が大きいことがわかるかと思います。

 

両親ともアトピー性皮膚炎やアレルギー体質ではないにもかかわらず、

子どもに発症してしまうケースもありますし、発症しない場合もあります。

たとえアトピー体質であったとしても100%発症するわけではなく、

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の子供の親の20%が、

何のアレルギー性疾患も持たない事も判明していることから、

遺伝による影響は強いけど、それ以外の原因もあるといえます。

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質は遺伝しやすい

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質は優性遺伝であり遺伝しやすいです。

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の遺伝子を両親から受け継いだとしても、

発症しない場合もあれば、

 

逆に両親はアレルギーの遺伝子を持っていないにも関わらず、

何か別の遺伝子が要因してアレルギー性疾患として発現する場合もあるので難しいところです。

 

子供のアトピー性皮膚炎の発症を抑えるには

アトピー性皮膚炎は遺伝しやすいですが、ある程度は生活習慣の改善や努力によって予防ができます。最新の研究からもアトピーはある程度予防できると言われています。

atopi-genin

妊娠中に気をつけること

妊娠中は特に食事に注意しなければなりません。nayami-icon

肉や乳製品、卵などの動物性タンパク質をあまり食べないようにして、

和食である魚介類、味噌、納豆やジャガイモ、サツマイモ、などのイモ類を

摂取するようにこことがけることで乳幼児という早い段階でのアトピーの発症を抑えやすくなります。

 

アトピー性皮膚炎対策には保湿が大切

最新の研究でアトピー性皮膚炎の原因は、多くの場合は乾燥肌であることという事がわかってきました。これは、肌をうるおすフィラグリン物質を出す遺伝子が欠損しているからです。

肌が乾燥していると、皮膚のバリア機能の破綻するのため、ダニや食べ物のカスといったアレルギーの原因になる物質が侵入しやすくなり、IgE抗体という物質を作ることで、アトピーを発症します。

そのため、アトピーの発症を抑えるには乾燥肌の場合は保湿を怠らないようにして常に肌をうるおいのある状態に保つことが大切です。

実際に生まれてすぐから赤ちゃんに保湿剤を塗り続けると、アトピー発症率が3割低下したというデータがでています。

 

今回、成育出生コホート研究におけるランダム化臨床研究介入試験で、新生児期からの保湿剤塗布によりアトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上低下することが分かりました。

引用元:世界初・アレルギー疾患の発症予防法を発見 – 国立成育医療研究センター

 

「ワセリンが良い」という話もいろいろなところで聞きますが、オススメできません。

ワセリンの成分は石油です。そのため保湿力が高すぎて肌が息を出来なくなってしまいます。

 

アトピー予防効果があるアトピスマイルが最適

アトピスマイルは厚生労働省から認可されているライスパワーが配合されており

保湿力は群を抜いてバツグンとなっています。

 

アトピスマイルは「報道ステーション」や美容雑誌「美ST」「婦人画報」などの

テレビ番組や雑誌などに度々取り上げられていて実績のある保湿クリームです。

 

肌内部の潤いを促すセラミドを内側から引き出す効果もあり、

アトピスマイルは「乾燥しているカサカサのアトピー肌」には絶大なる威力を発揮します。

 

アトピスマイルにはライスパワーNO.11という成分が含まれています。

ライスパワーNO.11は厚生労働省の厳しい認可をクリアーした医薬部外品です。

ライスパワーNO.11の何がすごいのかと言うと、「保湿力」「水分保持能改善効果」です。

皮膚の内側に働きかけて肌の水分量を保つ効果がとても高く、

肌内部のセラミドを増やす働きがあります。

 

セラミドとは肌内部にあって、ギュッと詰まっているのが普通ですが、

乾燥肌の人はセラミドが少なく、スカスカの状態になっています。

 

セラミドが少ないと、水分を維持する事ができないため、乾燥肌となり、

外部からの刺激のバリア機能を果たす事が出来ません。

 

ライスパワーNO.11は、肌を根本から改善する事ができます。

rice-power-info

アトピスマイルにはライスパワーNO.11が40%も配合されているのいるのです。

また、アトピスマイルにはステロイド不使用の医薬部外品です。

 

ステロイドはアトピーの炎症を抑えかゆみを和らげてくれますが副作用が強く、

リバウンドがおきます。

 

アトピスマイルにはステロイドが使わていないので

使い続けることで肌を根本から改善する事が出来るようになっています。



↑ ↑ ↑ ↑ アトピスマイルを試してみる ↑ ↑ ↑ ↑